2016年6月18日活動報告

活動報告

こんにちは!Sakiといいます。

初投稿なので、たどたどしい文章になってもどうか大目に見てください笑

よろしくお願いします。

 

さて、今回もいいお天気でしたのでカフェのテラス席にて活動をしました^^

梅雨にも関わらず今年の雨はどこへやら。

今日は天気にまつわる単語を勉強しましたし、メンバーからも水不足を心配する声が・・・!!

そんな何かと天気が話題をさらっていった今日の活動報告です。

 

活動内容

8:30~:Ice break

9:00~:冠詞の復習

9:30~:瞬間英作文

10:00~:天気にまつわる単語を挙げてみよう

 

活動詳細

8:30~:Ice break

今日の参加者は顔なじみと言うこともあるので自己紹介等はスキップ。

今週の出来事、週末の予定について英会話しました。

 

今日の参加者からは、国産なのに比較的安価な時計屋さんがあって

ぜひ行ってみたいというお話がありました!

東京は吉祥寺等にお店を構えるknotさん。

上記の魅力はもちろん、なんと入るために並ぶ(!)ということも言っていました!

気になる方は以下のHPをのぞいてみてください。

knotさんHP  http://knot-designs.com/stores/

 

 

さて、今日の会話の中での文法チェックは「貸す」という動詞の使い分けについてです!

これは「今日持ってきた本を友達に貸す」という会話の中で登場しました。

 

最初に”borrow”が出てきましたが、こちらは「借りる」。

「貸す」には①lendと②rentの2種類の表現があります。

両者の違いは、貸すことでお金が発生するかどうか!

①lend・・・お金が発生しない

②rent・・・お金が発生

 

なので、「(タダで)自転車貸してくれない?」と頼みたかったら

①Will you lend me your bike?

「500円で貸すよ」と答えたかったら

②I can rent it to you at 500 yen.

となります^o^ ②の人ケチやなぁ笑

 

9:00~:冠詞の復習

いつぞや「冠詞の使い方がわからない」という声があがり、

前回冠詞の研究をしました。今回はそのおさらいです!

 

今回話題にのぼったのは

I play ‘the’ guitarなのかI play ‘a’ guitarなのか

ということでした。

 

theがつくと「すでに話題にのぼっている特定のもの」を指します。

なので何の脈絡もなく「ギターを弾く」と言う場合はa guitarでよいはず。

 

一方、中学生英語では「Playを使って楽器を鳴らすという表現をする場合、

必ずtheを使いなさい」と習ったという意見も!どっち!?

 

ネイティブスピーカーの方々が回答しているページを探しましたが

どうやらどちらでも言えるのだそう。

ただし日本の中学英語としてはplay the 楽器(guitar,pianoなど)に統一しているようです、

 

楽器を使うときはtheにするのがベターかな、と結論づけました。

 

20160618_095151

9:30~:瞬間英作文

今回の瞬間英作文は

Who

can

~ing(現在進行形)

でした!

 

canでは「私は100mを8秒で走ることができる」(←うろおぼえ)

なんて問題が出てきました。

I can run 100 meters in 8 seconds.

ですが、この「8秒で」の「で」にあたるin 、他の前置詞と迷いませんでしたか?

時間だったら他にforを使うことがあります。

 

冠詞と同じく、前置詞も実はあやうい!ということで

ちょっぴり前置詞をおさらいしました♪

 

前置詞はイメージで捉えるといいようです!

inは「以内」のイメージ。

上の文章は8秒「以内で」走ることができる、というニュアンスなのでinでOK。

 

forは「長さ」「期間」のイメージ。

I kept running for 8 seconds.(8秒間走りつづけた)という表現には使えるかと思います。

 

 

ちなみに時間を表すときのatには「時計の針」のイメージがあるそう!

なので「8時に待ち合わせよう」はLet’s meet up at 8 o’clock.です!

 

あれ、何の前置詞を使うんだっけ?となる方は

前置詞のもつイメージから入ってみてはどうでしょうか^^

いよいよ次あたりに中学校1年生レベルは卒業できそうです!

 

 

10:00~:天気にまつわる単語を挙げてみよう

梅雨なのに雨が降らない><

ということで今回は天気に関する単語をひたすら挙げてみました!

 

◆上がった単語◆

muggy(蒸し暑い), cold(寒い), cloudy(曇り), typhoon(台風), Sunny(晴れ), fine(晴れ), thunder cloud(雷雲), light rain(小雨), snowy(雪の), chilly(ひんやり), humid(湿気のある), dry(乾燥した), sunburn(日焼け), strong sun shine(強い日差し), precipitation(降雨), rainfall(降雨),  below zero(氷点下), powdery snow(粉雪), snow flake(雪の結晶), ultraviolet(紫外線), rainy season(雨季), weather(天気), chance of rain(降水確率), wet(湿った), damp(じめじめした), gloomy weather(曇天), hail(ひょう), shower(にわか雨), rainstorm(雨雲), tempest(嵐), oppressive(憂鬱), freeze(凍えるような), pollen season(花粉の季節), drizzle(霧雨), snow pellets(あられ), lightning(雷), haze(もや), fog(霧), warm front(温暖前線), clear(よく晴れた), pressure(気圧), temperature(気温), frost(霜), localized heavy rain(局地的な大雨)

 

読者の皆さんは何かこのほかに浮かぶ物はありますか?

あんまり思いつかないなぁという方。

天気にまつわる単語をたくさん聞けるのはなんといっても英語の天気予報です。

なかでもNHKワールドやNHKのニュースを英語音声で聞くと

とっても勉強になりますよ!

 

今回の降水確率chance of rainを聞いて

なんて前向きな表現なんだろうねと関心する場面も笑

英語圏では雨=恵みの雨なのでしょうね!!

普段は雨が苦手ですが、最近は恵みの雨と感じる気持ちもわかるようになりました笑

No water, no life・・・!

 

 

次回の活動は6月25日(土)のいつもと同じ朝8時30分からになります♪

活動場所は記載しておりませんので

この記事を読んで興味を持った方はこちらのお問い合わせからメール下さい^^

皆様のご参加お待ちしております!

 

Toshi
↓役に立った、面白いと思ったらポチッと押してね♪
にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました